いちメモ!

「あなたの生活を豊かにする!」をモットーにした情報サイトです

不労所得は労働を労と捉えない人の所得ではないのか

お金がほしい。5000兆円ほしい。

きっと誰もがそう思う。

 

じゃあどうやってお金を手に入れるか。

毎日12時間労働して月手取り25万円を手に入れる?

いやいや、毎日6時間くらいの労働の月15万を手に入れる?

なんとなく、これくらいが妥当だろうと考えているラインがあるかもしれない。

 

でもそんなことは飲み込み、人はこう言う。

 

「不労所得がほしい」

不労所得、なんて素敵な響きなんだろう……

不労なのに所得がある、何もしなくとも所得がある。

そんなのあれば最高じゃないか!

 

じゃあどうやって不労所得を手に入れるのか。

一般的に言われているのはこんな感じだと思う。

  • ブログで好きなことを書き、アフィリエイトで生きています!
  • アプリ製作で生きています!
  • 仲間と共に自由な時間を作り出し生きています!MLM的なやつ

この中でもネットよく目にするのは「アフィリエイト」かなと。

 

アフィリエイトって良い印象ないよね。

特に2chまとめブログ周りは最悪という印象。

人の粗探しをして、ブログにぶち込んでいるって感じ。

まあ、まとめブログに物申したいわけでないので、この話は省略!

 

言いたかったのは、アフィリエイトも楽じゃないんだろうというお話。

 

僕も不労所得ほしくて、いろいろ調べてる。

そこで感じたのは、本当の意味での不労所得って無いんじゃないかということ

 

例えば、ブロガーとか半端ねえよまじで。

毎日10本くらい記事ストックして、内容精査して、ネタを集めている。

真似しろって言われて「はい、真似します」ってできたらブロガーなれるだろ!

と思ってしまうくらいの活動量だ。

 

でも、一般的に「成功者」と呼ばれる人たちってよくこういう。

「今やっていることは辛いと思わない、むしろ楽しい!」

 

ハァ!?

 

会社勤めからすると考えられないわ。

毎日人が多い電車に乗って、理不尽な話で心が押さえつけられて…

「楽しい!毎日会社行きたいわー!」という人は稀でないかな。

 

とにかく、不労所得というのは

「辛いこと労働でも「労」と思わない人の所得」

ではないかと僕は考える。(もちろん一般的な「不労所得」の定義とは異なる)

特にネットや書籍に転がっている成功体験を見ているとそう思う。

 

極端な話、サラリーマンでも毎日仕事が楽しければ不労所得になるのではないか。

だからこそ、仕事の内容は考えたほうがいいのかもしれない。

 

不労所得の第一歩は自分に合うことを見つけること

 

どうでしょう、僕の意見。結局よくわからないですね。

それではおやすみなさい。

 

まとめ

  • 労の無い不労所得は無い
  • 不労所得を得るために、自分に合うことを見つけよう