いちメモ!

「あなたの生活を豊かにする!」をモットーにした情報サイトです

明日、誰かに話したくなるおすすめのバラエティ番組を紹介します

f:id:ichiaki97:20170808235428j:plain

"最近テレビ見ていますか?"

 

こんばんは、いちあきです。

 

僕が子どもの時は、テレビを見ているかゲームをしているか2つに1つというくらいにテレビが好きでした。

 

そして、テレビの中でも特にバラエティ番組が好きです。

僕は現在26歳なのですが、小学生~中学生のときに放送されていた『学校へ行こう!』というジャニーズのV6がMCを努めていた番組がとても好きでした。

きっと僕世代の人はこの番組に刺さると思います。

 

そして子どもの時は『学校へ行こう!』でこんな会話がありました。

 

子どもA「昨日やってた『学校へ行こう!』見た~?」

子どもB「見た!笑いすぎて吐きそうになったわ!」

 

ここまで忠実でなくとも、お気に入りのテレビ番組を共有することってありましたよね?

 

では、大人になってからはどうでしょうか?

職場では仕事の話ばかり、昼休みにはパチンコ、ソーシャルゲームの話。

テレビに関する話題ってほとんどなくなりましたよね。

 

もちろんそのような話が悪いわけではないのですが、たまには昔を思い出してテレビ番組の話をしてはいかがでしょうか?

 

「いや~そもそもテレビが部屋にないし…」とあなたは思うかもしれません。

安心してください、最近はネットで再放送が見られるサービスもあります。

 

今回は、お昼休みにでもちょっと話したくなるバラエティ番組を紹介します。

すべて少し方向性が違うので、相手に合わせて話を変えると面白いですよ!

 

テレビ番組『マツコの知らない世界』はヤベー奴から季節ネタまで取り揃えています

www.tbs.co.jp

今回、紹介するのは『マツコの知らない世界』です。

こちらの番組の概要は以下のとおりです。

 マツコとゲストの本音のガチバトル!
あのマツコ・デラックスも知らない世界へようこそ…

マツコとゲストが1対1でサシトーク!
あらゆるジャンルのゲストが登場し、トークを繰り広げます。
ゲスト自ら得意ジャンルや、現在ハマっているものを企画として持ち込み、マツコにプレゼンしていくというスタイルの番組です。
ゲストごとに繰り広げられる独自の世界観と、自然体のマツコだからこそできる鋭いツッコミが見所です。

引用:マツコの知らない世界|TBSテレビ

 火曜日の夜9時というゴールデンタイムに放送されている番組なので、ご存じの方も多いと思います。

この番組は、概要の通り「マツコ・デラックスに対して、ゲスト(ほぼ一般人)が自分の好き・得意なジャンルをプレゼンする」という番組です。

 

「レトルトカレー」や「豪華客船」「文房具」まで幅広いジャンルが面白い

当番組は1時間ですが、大体2本のジャンルに精通したゲストが登場します。

以下のジャンルが最近放送されました。

  • チョコミントの世界
  • キティちゃんの世界
  • 美しいから怖いお化け屋敷の世界
  • 技アリかき氷の世界
  • パスタソースの世界
  • アニソンの世界
  • 一生使える日用品の世界

一見、「キティちゃん」と割とありがちなテーマもあれば、「美しいから怖いお化け屋敷」と謎のロングテールキーワードを抑えていたりと侮れません。

 

また、「一生使える日用品」などネタを抜きに役に立つ情報を得ることができる回もあります。

「パスタソース」なんて普段意識しませんが、テレビを通して情報を受け取ることで受動的なのに視野が広がるというメリットがあります。

 

出てきた特徴的なゲストをネタに話すもよし、「豪華客船」や「日用品」で世間話として話すもよし。幅広い世代に受け入れられる番組です。

 

1週分を『TVer(ティーバー)』で見ることができます

tver.jp

実は本日は火曜日なので、『マツコの知らない世界』放送日です。

先程まで放送されていた回を1週間限定でみることができます。

ちなみに「チョコミントの世界」と「富士登山の世界」です。

 

チョコミントって何でそれだけ限定しているんだ…?笑

僕はいつも録画しているので、そちらで見ます!

 

まとめ

  • 「マツコの知らない世界」はメジャーからマイナージャンルをプレゼンする番組
  • 「日用品」等のお役立ち情報から「チョコミント」という謎情報まで
  • ネットからでも見ることができます

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひ、童心に戻ってテレビ番組の会話に花を咲かせてください!笑

僕は先輩にこの番組の話を振ったら「いうて、あの番組出てくるゲスト大抵やべーやつやん」と返されました。これも一種のコミュニケーションですね!笑

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。