いちメモ!

「あなたの生活を豊かにする!」をモットーにした情報サイトです

小型で安い室内向けドローン!「SHIRUI 901HS」レビュー!

f:id:ichiaki97:20170921180326j:plain

こんばんは、いちあきです。

 

先日とあるテレビ番組でドローンスクールが紹介されているのを見て、急にドローンが欲しくなったので色々調べたうえで「SHIRUI 901HS」を手に入れました!

 

初めてのドローンだったので、購入には大きな不安があったのですが結果的には満足できる高コスパドローンでした。

 

このドローンは、非常に小型で手のひらサイズとなっています。

f:id:ichiaki97:20170921175828j:plain

手のひらサイズなので、室内で遊ぶもよし、屋外でも十分楽しむことができます!

また、こんなに小さいのにカメラも付いていたり高性能なんです。

 

そんな「SHIRUI 901HS」についてレビューしていきます!

初めてのドローンにオススメなので、ドローン初心者の方はぜひ参考にしてください。

 

 

「SHIRUI 901HS」商品概要

SHIRUIというメーカーの「901HS」という商品です。

こちらはドローンの中でもいわゆる「トイドローン」「ミニドローン」と呼ばれるもので、室内向けに遊べるおもちゃという扱いです。

 

トイドローンは「小さく」「軽く」「気軽に」というもので、価格も数千円から数万と初心者に取っても優しいドローンです。

 

ただ、おもちゃと言ってもその機能は侮れません。

カメラを搭載しFPV(一人称視点)ができるものや自動離陸ホバリングといったセンサを有しているモデルも多いです。

 

そして今回レビューする「SHIRUI 901HS」は上記の特徴をそなえた、初心者向けの高コスパなドローンです。具体的にオススメする理由を見ていきます。

 

「SHIRUI 901HS」をオススメする理由

f:id:ichiaki97:20170921180312j:plain

このドローン「SHIRUI 901HS」をオススメする理由は以下のとおりです。

  • 手のひらサイズで室内でも動かしやすい
  • ヘッドレスモード(見たままの操作ができる)が付いている
  • 高度維持機能が付いている
  • wifiで写真・ビデオ撮影が可能
  • プロペラガード付き
  • 稼働時間が8分と他のミニドローンに比べて長い(多くは5分程度)
  • 安い!(5,000円前後)

特に本体に付属しているカメラによる撮影が可能というのは大きなポイントでした。

 

慣れるまでは安定した撮影は難しいかもしれませんが、慣れるとこれまでと一味違う写真を撮れるようになります!

 

そして何より、ドローンとして初心者が欲しいもの全てを備えたうえで5,000円前後というお手頃な価格も魅力的です。

 

開封~付属品確認まで

外箱はこのようになっています。

f:id:ichiaki97:20170921185254j:plain

裏面はこのとおりです。

f:id:ichiaki97:20170921185337j:plain

写真のようにFPVが可能です。ドローンならではという感じですね。

f:id:ichiaki97:20170921185426j:plain

では実際に開封して付属品を確認してみましょう。

f:id:ichiaki97:20170921185509j:plain

付属品は以下の通りです。

  • コントローラー
  • ドローン本体
  • USBケーブル
  • 工具類(プロペラ外し・ドライバー)
  • 予備プロペラ×4
  • プロペラガード×4
  • スマホホルダー
  • 取扱説明書(英語・日本語)

付属品が充実しているのもこの商品のポイントです。ドローンによってはプロペラガードの付属もなかったりするので気をつけてください。

 

何より、日本語の説明書が付属しているのはめちゃくちゃありがたいですね。

f:id:ichiaki97:20170921185818j:plain

通常の操作方法も一覧化して記載されています。初心者には嬉しいです!

 

ただ、ビデオ撮影ができるのに撮影に関する説明は記載されておりません。

しかも記載されているアプリも古く、あまり信用できない箇所もあります。

(なので撮影に関しては別途解説いたします)

 

本体外観

f:id:ichiaki97:20170921190119j:plain

ドローン本体はコントローラー中央に収納されています。

取り出した上で、足を広げることで使用可能になります。

 

コントローラー内部に黄色いケーブルが見えると思いますが、こちらでドローン本体の充電が可能です。USBでの充電と同じように約50分程度で満充電となります。

 

ちなみにコントローラーは単4電池が4本必要です。

f:id:ichiaki97:20170921190405j:plain

電池は付属していないので、気をつけてください!

 

コントローラーにはスマートフォンを取り付けすることができます。

f:id:ichiaki97:20170921190505j:plain

スマートフォンホルダーの取り付けに関しては工具等不要なので、気軽に取り外しができます。これで画面を見ながら操縦もできるようになるわけですね。

 

「SHIRUI 901HS」のおすすめポイント解説

それでは「SHIRUI 901HS」の具体的なオススメポイントを解説していきます。

 

手のひらサイズで室内利用も可能

f:id:ichiaki97:20170921191031j:plain

「SHIRUI 901HS」は他のドローンに比べても小型です。

初心者としては「外に出て練習する前に自宅でできたらなぁ…」と思うところです。

 

このドローンなら十分に室内での利用が可能となります。

ただ、プロペラガードは必ず付けるようにしてください。慣れないうちは操作が難しく必ず墜落や激突をなんどもすると思います。

 

何度か操作したら、その効果を実感できます!

なので、プロペラガードが最初から付属しているのもポイント高いです。

 

ヘッドレスモード搭載で初心者でも操作しやすい

f:id:ichiaki97:20170921191903j:plain

ドローンにはヘッド(頭)が存在します。

ヘッドレスモードでない通常操作はヘッドの位置に合わせた操作になります。

 

先程の取扱説明書を見てみましょう。これが通常操作です。

f:id:ichiaki97:20170921185818j:plain

左のスティック上下で上昇と下降、左右で旋回です。そして右スティックを前に倒すとヘッド方向に前進します。

 

そのため通常操作では、前進しようと考え右スティックを前に倒したにもかかわらず、本体のヘッドが左に向いていたために左方向に前進することになります。

 

なので、通常操作ではヘッドの位置を把握して操作することが必要になります。

 

しかし、ヘッドレスモードは操作の不安も解消されます。

f:id:ichiaki97:20170921192711j:plain

上記画像のように、ヘッドレスモードでは右スティックを前に倒せば前進、左に倒せば左に進むようになります。(ちなみに回転は左スティックを左に入れながら、右スティックとなります)

 

これによって、ドローン初心者でもある程度は簡単に操作することができるようになっています。それでも練習は必要だと思います。

 

ただ、操作に慣れると自撮りや集合写真も撮れそうなので、なんとか頑張って操れるようになりたいですね1

 

自動離陸や高度調節機能など

f:id:ichiaki97:20170921194414j:plain

上記のように、「SHIRUI 901HS」には様々な機能があります。

 

例えば「自動離陸(ワンキー離陸)」を押すと、1.5m上空を維持するように離陸します。同様に「自動着陸(ワンキー着陸)」を押せば、ゆっくり着陸します。

 

また、僕はまだ試していないのですが、「ワンキーリターン」という機能もあり、押すことでドローンが自動で手元に帰ってきます。屋外など広い場所で活用できそうですね。

 

上下・左右のトリムを使えば高度の維持も可能です。このトリムを使わないと、ホバリングしているときに流されていってしまう可能性があるので注意しましょう!

と言っても、実はこの機能まだ使いこなせていないんですよね…使いこなせるようになたら別途使い方を解説したいと思います。

 

「スピード変更」では「high」「medium」「low」の3段階変更できます。「high」なら少しの操作で大きく動き、「low」ならゆったりした動きになります。

屋内で使う時は「low」で練習し、慣れてきたら徐々に「high」にするといいかもしれませんね!

 

「SHIRUI 901HS」で気をつけたいこと

f:id:ichiaki97:20170921200614j:plain

ミニドローンの割に高性能な「SHIRUI 901HS」ですが、買う前に気をつけるべき点がありますのでご紹介します。

 

特に初めてドローンを購入する初心者の方は気をつけてください。

 

バッテリーの持ち時間は約8分(充電50分)

このドローンのバッテリー持ち時間(飛行時間)は約8分です。

 

「8分も遊べたら十分でしょ!」と思うかもしれませんが、操作に慣れるまで練習が必要なので8分はあっという間です。

多くのドローンは予備バッテリーを準備し、入れ替えながら飛行させるのが主流になっています。

 

しかし「SHIRUI 901HS」は予備バッテリーを購入することができません。バッテリー切れの都度、本体を充電しながら飛行させることになります。

 

ただ、ミニドローンはバッテリー持ち時間は大体5分程度です。約8分飛行できるこの商品はバッテリーの持ちが良い方なので留意しておきましょう。

 

操作に慣れるまで多少時間がかかる

「SHIRUI 901HS」に限った話ではありませんが、ドローンを操縦するのは慣れが必要です。

 

ヘッドレスモードがあるとはいえ、操作すると初めての感覚に違和感を覚えると思います。ちょっとスティックを倒すと急激に前に進んだり、右に入れているはずなのに風に流されたりと慣れるまでに多少の時間がかかります。

 

「買ってすぐ自由自在に動かせます!」というのは初心者にはあまり無いでしょう。

とはいえ、しっかり操作を理解して何度か動かしているうちにある程度自在に動かせるようになると思います。

 

ちなみに僕の場合は周りにぶつかる回数が減るまで合計40分程度操縦していました。

 

なので、初心者の方は多少の練習が必要ということを留意しておきましょう。

 

「SHIRUI 901HS」はこんな人にオススメ

f:id:ichiaki97:20170921180326j:plain

ミニドローン「SHIRUI 901HS」はこんな人にオススメです。

  • ドローン初心者だから室内で練習したい
  • 少しでも長く操縦していたい
  • ドローンにはカメラが欲しい

非常に小型なのに高性能なのが魅力のミニドローンです。

最初の1台にピッタリですので、初心者の方にオススメですね!

 

「SHIRUI 901HS」まとめ

f:id:ichiaki97:20170921212618j:plain

  • 小型で高性能なミニドローン
  • 初心者でも操作しやすい
  • カメラも付いている

これらを満たせて約5,000円です!

「ちょっとドローン興味あったんだよね」という僕みたいな方にもおすすめできます!

購入を考えられている方はぜひ参考にしてください。

 

▼SHIRUI 901HSの購入はこちらから