いちメモ!

「あなたの生活を豊かにする!」をモットーにした情報サイトです

『結城友奈は勇者である(2期) 鷲尾須美の章』5話 ネタバレ感想

f:id:ichiaki97:20171108210450p:plain

こんばんは、いちあき(@ichiaki_kazu)です。

今週はゆゆゆだけじゃなくて他にも記事書きましたよ!

よかったら読んでみてください。

『結城友奈は勇者である(ゆゆゆ)』アニメ2期も5話ですね。

『鷲尾須美の章』に関しては今回入れて残り2話ですけど、終わるのこれ?

終盤の割に意外とゆっくりした展開でした。

 

そのっちのその後を知っていると、まだまだ下り坂なのは否めないですね。

最後はハッピーエンドにしてくださいよタカヒロさん(二回目)

 

▼過去の感想も気になる方はコチラ 

www.ichiaki.com

4話では『三ノ輪銀』が1人でバーテックスを3タテするという、ガブリアスもびっくりする戦果を残して死亡しました。

次回予告からも悲痛な叫びが伝わってきましたが、実際どうだったのでしょうか。

 

ここから先は5話のネタバレ感想となります。未視聴者の方はご注意ください。

 

 

第5話「さよなら」あらすじ(ネタバレあり)

f:id:ichiaki97:20171104024042j:plain

出典:公式サイト

激化する敵との戦いに備えて、進化していく勇者システム。しかしそれは小学校六年生の少女たちが背負うには過酷なものだった。それでも少女たちは懸命に、役目を果たしていく。(引用:公式サイト)

 第4話で死亡演出のあった『三ノ輪銀』

明確に死亡したと伝えられることはなかったので、実は生きていることに望みをかけていましたが、やはり死亡していたよう。

告別式が執り行われていました。

f:id:ichiaki97:20171104035302j:plain

出典:『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』

周囲は「立派にお役目を果たした」とか適当なことを口にしています。

それを弟にまで言うからいくらなんでも無責任すぎない?

f:id:ichiaki97:20171104035316j:plain出典:『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』

銀ちゃんの遺体に献花するわっしーとそのっち。思いっきり泣きたいくらい辛いだろうに泣けないというのも更に辛い

f:id:ichiaki97:20171104035324j:plain
出典:『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』

さらには告別式の最中にバーテックスが襲来してきます。

「ミノさんの分まで戦おう」

そのっちは自分を奮い立たせるように口にして、バーテックスに立ち向かいます。

わっしー含め、戦闘中にも「三ノ輪さんなら!」とずっと言っていたのが印象的でした。

f:id:ichiaki97:20171104035333j:plain
出典:『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』

なんとか撃破するものの、2人はボロボロに。

先生は「2人は立派な勇者よ」と言いますが、そのっちが「2人じゃなくて、ミノさんを忘れないで」と返したのは痛烈でした。死者は忘れられる運命とは言いますが悲しい。

f:id:ichiaki97:20171104035348j:plain
出典:『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』

訓練にもあまり集中できていないそのっちを見て、わっしーは夏祭りに行くことを提案します。

そのっちも言ってますけど「わっしーからそんな提案してくるなんて思わなかった」というのは同感。成長しているんだなぁ…

f:id:ichiaki97:20171104035356j:plain
出典:『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』

一方で、激化する戦いに合わせて『勇者システム』のアップデートが先生に伝えられます。明確に提示されてはいませんが、おそらく『満開』です。

f:id:ichiaki97:20171104035403j:plain

出典:公式サイト

2人は夏祭りの射的で景品を手に入れます。3つのキーホルダーは3人の絆を現しているよう。わっしーとそのっちは「これから何があってもずっと友達だよ」と誓いあいます。

 

『勇者システム』の祭り上げられている感じが辛い

f:id:ichiaki97:20171104035427j:plain
出典:『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』

告別式に知らない人たちが「お姉さん(銀)は立派に役目を成し遂げた」とか好き放題言っているのはやはり気になりました。

中には「自分の子が同じようになると考えると…」と共感を示す方もいましたが、やはり「名誉だ」という声がいくつか上がっているように、少数意見なのかもしれません。

この世界の情勢をあまり知らないのでなんとも言えないところはありますが、ちょっと怖いですね。ところどころ薄気味悪さを入れてくるのは意識的なのでしょう。

f:id:ichiaki97:20171104035434j:plain
出典:『結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-』

親は『勇者システム』の概要を知ってそうですけど、流石に子供には教えていないよう。銀ちゃんの死亡によって、学校でも質問攻めにあいます。

「神樹館のヒーローだよ」という子の声に対して、「あのね、そうなりたかったわけじゃないのさー」とそのっちが返した時は少し弱々しい声にやるせなさを感じました。

『勇者システム』って本当にまどか☆マギカのキュゥべえと同じで、辛すぎるシステムですよね。

選ばれるとはいえ、小学生にその辛さを伝えずに役目を全うさせるのがね…

 

第5話「さよなら」まとめ

f:id:ichiaki97:20171104035741j:plain
出典:公式サイト

全体的に最終回へのタメとなる物語でした。

  • わっしーとそのっちの友情を再確認するシーン
  • 『勇者システム』のアップデート

完全に6話に向けての仕込みですよねこれ。

 

「結城友奈は勇者である」1期でそのっちの状態を知っているだけに、次回の展開も想像できますね。想像したくはないですが。

希望を抱きたいところですが、想像通り銀ちゃんが死亡したから何とも言えません。

 

『鷲尾須美の章』も残り1話。心して視聴したいと思います。

そして『勇者の章』は一体どんな話になるのか。

 

ここまで記事を読んでくださりありがとうございました。

 

▼『鷲尾須美の章』最終6話の記事はこちらです

www.ichiaki.com