いちメモ!

「あなたの生活を豊かにする!」をモットーにした情報サイトです

実写映画『東京喰種 トーキョーグール』ネタバレ感想!窪田正孝の演技に脱帽、完全に喰種だった!

f:id:ichiaki97:20170729204555p:plain

こんばんは、いちあきです。

 

実写化映画ネタバレ感想シリーズ(今つくった)その1です!

<こちらの記事もオススメです>

『劇場版 プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』ネタバレ感想!士郎がカッコよすぎてヤバイ…

スパイダーマンホームカミングのネタバレ感想!全くのマーベル素人でもめちゃくちゃ楽しめた! 

実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』ネタバレ感想!

映画『銀魂』(実写版)ネタバレ感想

7/29に放映開始した『東京喰種トーキョーグール』を放映日の朝に観てきました。

 

余談ですが、東京喰種って変換出にくいのでついつい東京グールって打ってしまいそうになります笑(もう単語登録しました)

 

東京グールの感想をまとめると以下の通りです。

  • 実写版の東京喰種はかなり原作に沿っていた!
  • 窪田正孝さんの喰種の演技がすごかった!
  • 全体的に良かった!

元々の設定が日常の話なのと、キャラクターに対しての役者の配役がベストマッチしていたので没頭して観ることができました。

 

Twitterでの感想を見ていると、中にはこんな意見も。

 いかに没頭するほどの映画かわかりますね!

 

また、映画版の東京喰種のストーリーは原作の3巻までです。

原作ありのアニメが30分で1巻進むこともあるので、尺的にも問題ありません。

 

実写化映画は原作を無視した展開や急展開が多いですが、この映画は極力原作を無視せず、更に原作を補完する演出が入っていました。

しかし、あくまで"極力原作を無視していない"ということで細かい点や一部展開は「うーん」と思ってしまう点があります。

 

また、原作未読者は設定がわからずに一部シーンで置いてけぼりになるかもしれません。

 

ですが全体的に僕は面白かったと思っています!

理由についてはこれから【ネタバレ有り感想】として解説します。

 

<こちらの映画感想もよかったらどうぞ>

 

 

映画『東京喰種トーキョーグール』あらすじ

人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。
あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(Commission of Counter Ghoul)の捜査官・亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。

引用:映画『東京喰種トーキョーグール』 公式サイト

あらためて見ると、かなり秀逸なあらすじです。

これもう映画見る必要ないんじゃないか。 

 

登場人物は以下の通りです。(引用:映画『東京喰種トーキョーグール』 公式サイト

f:id:ichiaki97:20170729212927p:plain

"あの"清水富美加もメインキャラクターで出演しています。

めちゃくちゃハマり役でした。

 

というか、この人物紹介もかなり秀逸ですね。

人間と喰種の対立がひと目でわかるし、カネキの立ち位置が絶妙です。

 

ジョジョも見習って欲しい…

www.ichiaki.com

 

あらすじ簡略版

f:id:ichiaki97:20170729212724j:plain

この世界では【喰種(グール)】とよばれる食人種が存在しています。

一般的な大学生「金木研(以下カネキ)」(窪田正孝)が事故により半喰種となります。

 

人間の食べ物を受け付けない喰種、そして喰種には喰種の世界があります。

カネキは耐えられない空腹に苛まれ、喰種が秩序を保つ喫茶店「あんていく」に助けを求めます。

 

そしてカネキは喰種の世界を知ることで、人間と喰種の間で葛藤します。

そんな中、喰種を駆逐する捜査官「CCG」が現れ、喰種の日常を破壊します。

 

喰種としてのカネキはこの捜査官にどのように立ち向かうのか。

続きは劇場でお楽しみください。

 

映画『東京喰種トーキョーグール』感想(以下ネタバレあり)

見所は「人間としてのカネキと喰種としてのカネキの葛藤」です。

東京喰種は今の原作でこそ、かなり喰種寄りの話になっているのですが、序盤はとにかく葛藤がテーマに感じられます。

 

半喰種のカネキは人間の食べ物が食べられません。食べられるのは「人肉」。

しかし"元人間"としての倫理観がなかなか事実を受け入れられずに「人肉」を食べることができません。

その結果、異常な飢えに苦しみ、最後には人間の親友さえも食事に見えるという状況になります。

 

空腹の飢えを耐えるカネキを演じる窪田正孝は、かなり迫真の演技でした。

"食事"を前にして出てくる欲求、そしてよだれ。震える姿を見ているとこちらまで苦しくなってきました。(2代目藤原竜也ですよこれ)

 

また、現実の食べ物や飲み物が出てくることで、状況演出がグッとリアルになりイメージが強く残りました。これは実写の強みですね。

 

【原作との違いは?】シナリオは概ね原作通り。でも蛇足な展開も…

東京喰種トーキョーグール:re 12 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

東京喰種トーキョーグール:re 12 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

原作はマンガで、アニメなどメディア展開されているのですでに話を知っている方も多いと思います。原作との違い気になりますよね?

 

結論から言うと、「最初1時間はかなり原作通り、後半1時間は色々変更有り」という感じです。

 

あらすじを見ていただいたらわかると思いますが、今作は捜査官との戦闘までです。

原作にして"3巻分"。映画の時間は2時間なので十分な尺が取れています。

 

最初1時間で大体「カネキがあんていくの一員になるまで」

後半1時間で「ヒナミちゃん登場と捜査官CCG編」といった感じです。

かなりベストな尺の取り方じゃないでしょうか。

 

序盤は原作通り。細かい展開の違いはあるが気にならない

最初1時間はかなり原作通りでした。

感想でお伝えしたように「カネキの葛藤」がじっくり描かれており、感情移入することができます。

 

ですが、細かいシーン単位で見ると結構違う箇所があります。

例えば「西尾錦」との邂逅ですが、原作だと親友の永近に連れられて研究室に行った後、路地裏に連れて行かれて襲われます

 

映画だと永近に連れて行かれた研究室で直接襲われます。尺の取り方の都合上仕方ないところですが、「痕跡が残りやすい研究室で襲うってどうなの?」と考えてしまいます。

 

とはいえ個人的に良かった点もありまして、カネキと錦の戦闘がかなり細かく演出されていました

原作でも永近の危機に初めて喰種の武器である赫子(かぐね)を出して暴走するのですが、映画は出してからの戦闘が激しかったです。研究室がぐちゃぐちゃでした。

 

そんなに広い研究室ではないので、ハイスピードなアクションバトルというよりは赫子の強力さやおぞましさを感じる戦いでした。

 

ついでに永近が原作とは比べ物にならないくらいにボコボコの血だらけにされていました。あれはやりすぎでは…

 

というように、一部シーンは尺の都合上短縮化されています。

ですが個人的重要シーンだと思う所はカット無しだったので満足です。

 

特にカネキが錦を撃退したあとに永近を食べようとするシーン。

血まみれの永近の顔を舐め回すシーンは本当に鳥肌モノでした。

喰種の食欲が爆発しそうな感じがめちゃくちゃ出ていて素晴らしかったです。

 

後半は大筋は原作通り。CCG側の調査がかなり補完されていた

後半は結構賛否両論だと思います。個人的には及第点って感じです。

シーンを削る・変更するというより、追加されていました。

 

特に捜査官が笛口親子(ヒナミやリョーコ)にたどり着くまでの捜査がかなり詳細になりました

細かい部分は劇場で見てほしいのですが、ざっくり言うと「ヒナミのお父さんの遺留品に付着していた繊維から服を割り出し、聞き込み調査から張り込み」というようにかなり「捜査!」という感じになっていました。

これは個人的に良かったです。原作だといきなりバレていたのでちょっと展開が早すぎるかなーと思ってました。

 

あと、リョーコさんの最後のシーンはやばかった。

原作からしてやばいシーンなのですが、リアルすぎて涙が出そうでした。

ヒナミちゃん(桜田ひより)の演技が良すぎた…

 

ですが、「ん?」と思った部分もあります。

 

追加シーンで捜査官の捜査に感づいた「あんていく」がヒナミとリョーコさんを24区へ移住させる話があります。

そして、出て行く前にヒナミがカネキに「お父さんのお墓に行ってお供えがしたい」と言います。当然ヒナミは指名手配状態なので行けません。

 

そこでカネキが「僕が代わりに行ってくるよ」と言い、真夜中にお墓に行きます。

その結果、張り込みしていた捜査官がお墓の場所を特定されます。

いくら顔がバレていないとはいえ、そんなお墓に言ってしまったらむしろ自分が危なくなるじゃん!と思うとカネキが軽率に感じましたね。

まああんな可愛いヒナミちゃんに本気でお願い事されたら仕方ないところもありますが笑

 

捜査官との戦闘は"戦闘中心"。カネキと亜門の対話が少なめ…

東京喰種トーキョーグール リマスター版 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

東京喰種トーキョーグール リマスター版 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

そして肝心の捜査官との決闘。戦闘自体はかなり激アツでした。

ですが戦闘演出に特化しすぎたのはマイナスかもしれません。

 

序盤の東京喰種の面白さはリアルな戦闘(見切っての殴り合いみたいな)ところにあると思っているのですが、亜門との戦闘が派手になりすぎな気がしました。

 

というのも、捜査官との決闘前にカネキの修行イベントがあります。

これは原作にもトーカちゃんに教えを乞うのがあり、戦闘の基礎を教えてもらいます。

 

ですが、映画では戦闘の基礎というレベルではありません。

めちゃくちゃ尺を取って修行パートしていたのはもはや笑いが出ました。

その結果、カネキはトーカちゃんにも負けないレベルの身体能力を手に入れてしまいました。やりすぎだわこれ……

 

なので、亜門との戦闘は超スタイリッシュ。

亜門さんが最初に運転していた車をカネキが襲撃して戦闘が始まるわけですが、車のドアを使って相手の動きを封じたりするアクションは面白かったですね。

他にも赫子を使って、亜門を掴んで戦闘していたフロアの2回に投げたうえで、超絶身体能力で追いかけるシーンはめちゃくちゃカッコよかったです。

 

ということで、戦闘パートは基本的にカネキの圧勝。

 

そのせいか、かなり重要シーンである亜門との対話がかなり少なくなっていました

名シーンも何故かもう亜門が瀕死状態で「これもう話聞こえてないだろ」みたいな状態でした。対話というより一方的に話しているような感じ。これはかなりマイナスでしたね。

 

トーカちゃんと真戸さんの戦闘はよかったです。

クインケの重量感や羽赫のスピードがしっかり描写されており、「これが喰種の世界の戦闘かー」と納得しました。

 

特に清水富美加はアクションをするイメージが無かったのですが、しっかり動けていたと思います。というよりは、動いているようなカメラワークが良かったですね。

一部のシーンはスタントらしいですが、特に違和感なく見ることができました。

 

戦闘の流れについては原作とは少し異なりますが、大きな流れは同じでした。

 

ただ、捜査官が使用するクインケ(武器)に関する説明が全くなかったため、真戸さんのクインケに親子共々絶望する理由がわかりずらかったかもしれません。

 

感想まとめ

いろいろ言いましたが、僕は概ね満足しています

良かった点と悪かった点をまとめると以下のようになります。

 

【良かった点】

  • 原作通りの展開・スピード
  • 役者の演技力(喜怒哀楽がハッキリしていた)
  • 捜査官パートの捜査補完
  • ヒナミちゃんが可愛い

【悪かった点】

  • カネキvs亜門の対話が少なめ
  • 解説が少なめ、原作未読者は少し置いていかれるかも

 

目立つような悪かった点がなかったので僕は概ね満足しています。

ただ、本当の原作未読者やガチのファンが見るとどう思うかはわかりません。

そこはご自身で確認してください。

 

ちなみに個人的に微妙だった実写化の例はこちらです。

どうぞご確認ください。

www.ichiaki.com

 

来場者特典もあります。原作者書き下ろしコースター3週目

先週は『魔法少女リリカルなのはReflection』を見に行ってきたのですが、そのときにも来場者特典がありました。

www.ichiaki.com

「トーキョーグールでもあるのかなー」と思っていたらありました!

なんと実写を原作者の石田スイさんが書き下ろしたコースターです。

 

全部カッコよすぎ……

現在は3週目になりますので、第1週と2週のビジュアルは手に入れることができません。かなり良い出来なのでプレミアつかないかな…笑

f:id:ichiaki97:20170729210130p:plain

1週目だとお気に入りは西尾錦ですね。亜門さんも捨てがたい…

 

f:id:ichiaki97:20170810004106p:plain

3週目のカネキとトーカちゃんめっちゃいい!というか全体的に好きですね。

プレゼント最終週ということで気合が入っているように感じます。

 

【追記】

なんと、書き下ろしコースター17種コンプリートエディションが抽選で10名様にプレゼントされるとのこと。

応募期間は8/16日正午まで!めちゃくちゃ短い期間でした…

f:id:ichiaki97:20170816115305p:plain

 5日間限定!特別企画!!半券チケット キャンペーン実施決定!石田スイ先生描き下ろしコースター【コンプリートエディション】全17種類をプレゼント! – 東京喰種

コースター全部はすごく欲しいですね!

特に3週目の金木君はやっぱりめっちゃ欲しいです。

 

8/18に御礼公開記念の舞台挨拶!

また、8/18(金)に追加の舞台挨拶が行われました。

少し期間が空いてから舞台挨拶があると、ファンにはうれしいですね!

8月18日(金)追加舞台挨拶決定! – 東京喰種

 

当日は金木研役の窪田正孝さんと亜門鋼太朗役の鈴木伸之さんが登壇されました。

撮影会まであったそうで、ファンにはたまらない舞台挨拶になりましたね。

 

金木くんのマスクはやっぱり息がしづらいらしいです。

口はずっとチャックされてますもんね…

こういう裏ネタを知れるのは舞台挨拶の特権ですね。

 

<こちらの映画感想もよかったらどうぞ>

 

<こちらの記事もオススメです>

『劇場版 プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』ネタバレ感想!士郎がカッコよすぎてヤバイ…

スパイダーマンホームカミングのネタバレ感想!全くのマーベル素人でもめちゃくちゃ楽しめた!

実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』ネタバレ感想!

映画『銀魂』(実写版)ネタバレ感想

 

原作『東京喰種トーキョーグール』が気になったらKindleで!

映画を見て、原作コミックが気になったらぜひ読んでみてください。

個展も開く石田スイさんの芸術的とも言える絵柄は他のマンガにあまりありません

Kindleでは1巻と2巻が期間限定無料です!是非違いを確かめてください。

東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

 

 

アニメ版『東京喰種トーキョーグール』を見るならU-NEXT!

また、『東京喰種トーキョーグール』はアニメ版もあり、ネット配信もされています。

ネット配信のオススメはU-NEXTです!

31日間無料トライアルに600ポイント付いていてお得です。

 

この無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金もかかりません。

ポイントで話題の『君の名は。』も見ることができますので是非どうぞ。

U-NEXT

 

"頼むから…僕を…人殺しにしないでくれ…"